有効求人倍率は高水準、完全失業率は低水準(平成29年度平均の調査結果)

厚生労働省から、平成29年度平均の有効求人倍率などが公表されました(平成30年4月27日公表)。

平成29年度平均の有効求人倍率は、前年度比0.15ポイント上昇の1.54倍で、高度経済成長期終盤の昭和48(1973)年度以来、44年ぶりの高水準となっています。
平成29年度においては、有効求人数が前年度に比べ6.1%増加し、有効求職者数が同4.0%減となったため、有効求人倍率を押し上げた形になっています。
厚生労働省では「景気の緩やかな回復を背景に、雇用環境は着実に改善している」と分析しているようです。

同日、総務省からは、平成29年度平均の完全失業率なども公表されました。
平成29年度平均の完全失業率は、前年度から0.3ポイント低下の2.7%で、平成5(1993)年以来、24年ぶりの低水準となっています。
こちらも、雇用環境の改善を示していますね。

なお、それぞれの調査において、平成30年3月の季節調整値も公表されています。

2018-05-14T14:18:42+00:00